布団に関するQ&A


★綿・綿混・羊毛・羊毛混ふとん

 

Q:昔のふとんですが、打直し出来ますか?

  A:「出来ます!!」が、わたの色が肌色したわたなら綿わたのがありますが、茶色又は黒っぽいならば出来ない

    性りますので、布団診断をお申し出ください。

 

Q:わたが真っ白で良い綿だと思います。

  A:綿わたは「肌色」していますので、真っ白ならば化繊わたのがあか、綿の割合が少なく化繊わたが多い場合が考

    られます。

    わたには、黒半毛又は白半毛と言われるものがあります。

    これは毛布・毛糸などのクズ布団わたに使っている場合がす。 

    温かさはりますが、打直しはできません

 

Q:生地がボロボロになってますが、側生地だけ交換出来ますか?

  A:「交換できます!!」が、そのまま新しい側生地に入れると、中綿のきさが違うで、うまく仕立てることが難しい

    ので、出来れば一度わたを打直しして交換されることをスメします。

    料金,000円程度で出来ます。

 

Q:掛布団が大変重たく息苦しくなってきました。持ち運びも大変でが、軽く出来ますか?

  A:「出来ます!!」掛布団は、通常4kg入っています。昔はで作ってた頃は凌ぐたにたくさん綿を入れ

    いた汗や湿気で硬くなり重くなっている場合がありす。

    自由に綿の量を変えることが出来ますし、洋式仕立てにされれば軽くなります。

 

Q:以前、打直しをしたことがありますが、何回も出来ますか?

  A:「出来ます!!」しかし、機械でほぐす段階で繊維が短くなっいきますで、~3では打し出来ます。


★羽毛ふとん

 

Q:昔、羽毛ふとんを買った時は大変高かったです。最近の安くなっ毛ふとんの質は悪なっのですか?

  A:最近の羽毛ふとんは、昔の高かった頃の羽毛ふとんより断然っています。

    昭和60年頃の円髙により、海外からの輸入品が大変安くなとで質で安ました。

    昔の羽毛ふとんは、平均ダウン70%以下、生地は硬くニー中袋の2重構造なっており、格は15万~20万円

    でした。

    昭和60年以降の羽毛ふとんは、ダウン80%以上、生地は綿ルク材を使い、キルト側と格段に質が良く

    り、価2万円~10万円となりました。

    最近では、アベミクスで円安になり、2割~3割程度高騰しきています。

 

Q:最近、羽毛ふとんが温かさがなくなってきたように感じますが、してでしょか?

  A:羽毛は動物性なので呼吸をしています。しかし、我々の汗や湿どが羽毛に附着し、その呼吸機能を低下に繋がってい

    と考えられます。

    摩擦による静電気の影響でになったり、長年使用により原因と考えられす。

 

Q:どこも破けていないのに、羽毛が出てきています。どうしてでしょか?

  A:物理的に長年使用していると劣化します。生地どうもなく見、縫製てある縫い糸のつれ、切断により羽毛は

    小さな穴からでも吹き出しきます。このようになると寿命です。

 

Q:羽毛ふとんを引っ掛けてしまい、生地が破けてしまいました。どうたらいいすか?

  A:応急措置でガムテープやセロテープなどで傷口を塞ぎます。

    そ後、購入時についていた補修布をアイロンで塞いでくだ

 

Q:羽毛ふとんは、洗えるのでしょうか?

  A:羽毛自体が水鳥ですので、普通に洗えます

 

Q:羽毛ふとん長期に収納するとき、ふっくらしていてかさ張って押スペースが取られます。

  どうしたらいいですか?

  A:羽毛ふとんはほとんどが空気ですので、空気を抜きながら小たんでださい

    お使いなる時は、広げるだけで膨らみが回復します。


★市販と当店の布団の違い

 

Q:市販で売られている布団と菊水さんの「打ち直し」の布団は何が違うのですか?

  A:まず最初に、既製品と打ち直しの布団の素材が同等である事を前提でお話しします。

    最近の市販や通販等で売られている布団は、様々な機能のある最新・高級な寝具から安価な寝具まであります

    当店では綿・羊毛・羽毛はもとより自然素材のこだわりをお客様が持っている素材のよいご愛用の布団を捨てず、再生して

    使ってほしいと「打ち直し」をオススメしています。

    しかしながら、昨今の安価な布団は綿・羊毛・羽毛の材料が高騰しており、求めやすするために、素材を石油で出来た

    「化繊」を使っている布団が増えてきました。

    もし、メーカーカタログで扱っている羊毛・綿生地素材を使った布団だったら、掛敷で定価38,000円~になります。

    それをお客様のお布団で「打ち直し」をすると23,000円程で出来ます。

    素材を同一にした場合は断然打ち直しの方がお得です。

    和布団掛敷なら、新調すると28,000円~⇒打ち直しすると20,000円程度

    羽毛布団なら、新品で45,000円~⇒リフレッシュすると20,000円程度

 

和布団仕立て・羊毛、洋式仕立ての布団の再生の詳しい価格は

こちら


対応に関するQ&A

★集配

 

Q:お願いするときは、こちらから持ち込まないといけないのですか?

  A:当店は、店ではなく「工場」でちょっと説明しにくい場所なので、取りに行き、配達致します。

 

Q:もし、打ち直しや丸洗いなど出来ない場合はどうなりますか?

  A:必ず、お客様のご愛用していた布団の状態や素材を確認させて頂きます。

    布団の状態や素材の状態が、打ち直しなら、中綿が化繊や黒・白半毛わた(くず綿)などは出来ません。

    丸洗いなら、生地が薄くなって水をかけただけで破けるような場合は出来ません。

    出来ない場合はお断りし、代案をご提案致します。

お電話ください。

◆「スマホ」で、きくすいや

❤ 「地元のお店」や「売ります・あげます」で

商品や在庫処分商品を出品中!!

◆当店の登録情報サイト

広告(もしよろしければご覧ください。)